効果のある美白成分とは

美白に効果があるとして一般的によく知られている成分には、
ビタミンC、アルブチン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、トレチノイン、シムホワイト377などが挙げられます。

最も一般的によく知られている美白成分はビタミンCではないでしょうか。
美しい肌や健康に良いとして多くの方が、積極的に摂取しようとされていると思います。
風邪をひいたときなどに、ビタミンCが身体に必要だというのもよく認識されていることです。
ビタミンCは、このように、身体にも美肌にも役立つ成分でありますが、
熱に弱く、化粧品に配合するには不安定で壊れやすい性質でもあります。
そのため、化粧品にはビタミンC誘導体として配合されています。

アルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれます。
チロシナーゼは、シミやソバカスの原因となるメラニン色素を合成する働きを持っていますが、
アルブチンは、そのチロシナーゼの働きを抑える効果があります。

プラセンタエキスには、人間の身体に欠かすことができないアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、
重要な栄養素を多く含んでおり、美しい肌をつくることができる成分としてよく知られています。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど、シミを薄くすることができ、強力な美白効果をもつ成分です。