美白化粧品ってどんなもの?

美白化粧品とはどのようなものを指すのでしょうか。

通常、美白化粧品と言うのは、美白のための化粧品、つまり、メラニン色素の生成抑制、排出、及びシミを消し、シミ・ソバカスを防ぎ、美しい白い肌づくりのための化粧品を指します。

美白化粧品には、医薬部外品に分類される化粧品もあります。
美白化粧品として掲げるためには、厚生労働省認可の美白有効成分が含まれている必要があります。
美白有効成分には、厚生労働省が認可したものとそうでないものがあり、
厚生労働省が認めた成分には、アルブチン・コウジ酸・ビタミンC誘導体・ルシノール・トラネキサム酸などの10数種類の成分があります。

シミやソバカスの原因は、過剰に生成されたメラニン色素が排出されきらずに沈着から起こるものですが、
そのメラニン色素の生成に際立った作用をするのがチロシナーゼという酵素です。

厚生労働省認可の美白有効成分はそのチロシナーゼに影響を与えて、
メラニン色素の生成を抑制する作用が認められています。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど、その作用によってシミやソバカスを薄くする成分です。
美白化粧品には、このハイドロキノンが配合されているものもあります。
従来はハイドロキノンを安全に化粧品に配合することは困難でしたが、
最近ではハイドロキノンを安全に配合した美白化粧品もあります。

シミやソバカスはできてしまうと、それを消すのは難しく、
多くの女性が美白化粧品に満足をしているわけではないことは調査が示しています。
これから、ますます、美白と同時に、肌の透明感を始めとする美肌効果が求められると考えられます。